RSS | ATOM | SEARCH
癒しのフキノトウ筍コロッケ


一週間、終わったー!!精神的疲労困憊により、崩れ落ちるように地酒やもっとにお邪魔すると、なんと予約だけで満席っ。そうですよね、3月下旬の金曜日なんて、人気店じゃ普通満席になってない方がおかしいですよね。

あまりに可哀想な顔をしていたからか、スタッフの大ちゃんから「予約のお客様がいらっしゃるまでの一時間くらいなら…」と救いの手を差し伸べてもらい、ありがたく縋らせてもらいました。

乾杯に頂いた噂の水府自慢、無濾過原酒ということは一回なり火入れしてるのかな?細やかなガス感とラベルのキラキラさもあって、お花見の席とかに似合いそうなお酒でした♪( ´▽`)

そしてフキノトウと筍のコロッケが、これがまた尊い一品…。フキノトウと筍のシャクシャクした食感を味わったあと、鼻を抜ける青い春の香り。これだけでも至福なのに、和風仕立ての自家製ウスターソースで酒の肴としてのポテンシャルを更に増して、期間限定なのが惜しくなるほどのメニュー!!(食材が旬のものだから仕方ないけど)



一時間一本勝負なので、飲み食いするペースも必然的に速くなっていく。ラム肉のロールキャベツも、熱々のうちに平らげちゃう!!それにしても、スープまで含めてお燗との相性のいいこと。

10日間ぬか漬けしたという鰤の生ハムは、脂が乗ってて舌の上で蕩ける感じがあえて「生ハム」とメニューに乗せるのが分かる気がする。皮目を炙ってる関係で脂が皿を濡らすから、菜の花と大根おろしがサッパリとバランスをとってくれるのもありがたい(ノv`*)

約束どおり一時間ちょっとでお会計をお願いすると、見送ってくれた大ちゃんから「次はどこのお店にいかれるんですか?」と可愛い質問が。確かに金曜日だし梯子するには持ってこいの日だけど、するっと帰宅したよ!!(>_<)
author:たおち, category:日本酒(その他), 23:30
comments(0), trackbacks(0)
回収日


空き瓶回収、先週は宅飲みもあったから、ステーションまで運ぶのが凄く大変だった(´△`)

いっそP箱があれば楽かもと思ったけど、たとえ中身が空でも2ケース運ぶ筋力は無いかな…。私に酒屋務めは無理そう。
author:たおち, category:絵tweet, 23:33
comments(0), trackbacks(0)
つぶあん亭ワイン会ver


約半年ぶりにつぶあん亭のオープン。今回は初めてワインの持ち寄りをリクエストしたので、女将としてもワイングラスを用意したら、なんとそれだけでテーブルがいっぱいに…。

料理と酒瓶と取皿の置き場をどうするか悩みつつ、とりあえず肴の準備。もはや定番となった燻製ポテトサラダと牛もつ煮込。ワインにもお燗にも合う料理といったらこれでしょう。



他に自分で用意した料理は鮭とタコのカルパッチョ、アボカドサラダ、長葱のアヒージョ、キャベツのクミン炒めと野菜系が多め。そしてお客様が持ち寄られたのは、生春巻きにウドとイチゴの白和え、菜の花のお浸しと、季節を感じさせつつお酒が進みそうなものばかり!

しかもそれだけじゃなく、ケッパーの3種味比べや、京成立石の蘭州 水餃子と丸忠のおでんまでもが届く…。これには参加した面々から「宅飲みのレベルを越えている」「次回のどぶ会議の会場、ここでお願いしてみては?」と感想が漏れだす始末(笑)



最終的に参加者6名でワイン4本、(飲みさしの)日本酒4本が空いたところでお開きに。たぶん終電は動いている時間帯だったと思うけど、はたして皆さん大丈夫だったのかどうか…。

なお、当主のつぶあんは、ずっとベッドの下に隠れて出てきませんでしたとさ。
author:たおち, category:日本酒(その他), 23:04
comments(0), trackbacks(0)