RSS | ATOM | SEARCH
どぶるハウス


たまには女子会。町屋のおーどぶるハウスさんで、乾杯はどぶソーダ。なにしろ店名に「どぶ」が入ってるから注文しないわけにはいかない(違)

この春は家でたくさんボイルホタルイカを買って食べたけど、ほとんどが酢味噌と合わせてたから、こんな風にアボカドと合わせればお洒落サラダに変身するんだなぁ♪



香川サーモンのパクチーソースは、あえての厚切り。口当たりトロッとして「旨味の塊」と形容せざるを得ない美味しさはどうしたものだろう。これだけの肉質だから薄くスライスしても成立しそうなものを、この肉厚で頬張る贅沢さもたまらない!

牛ほほ肉の赤ワイン煮込みもよく煮込まれていて、しっとり柔らか。女子会らしく料理はお洒落なものばかりをいただいているけど、実際は「これと合わせるなら、竹鶴のにごりくらい行っとかないとでしょ!!」と合いの手が入る遠慮なき空間。イケメンのマスターも苦笑い。



いったん飲み物はワインに移って、白ワインの飲み比べはEDELから。この果実味の爆弾、好きー♪久しぶりに頂いたレバーパテはやっぱり美味しくて、ちょこちょこ惜しむように頂いていたら先にバゲットがなくなってしまい、追加でトーストしていただくという恥を晒しました。



締めにオムライスとガトーショコラを。オムライスは下町ナポリタン風というのか、甘めのケチャップライスに玉子がスクランブルされていてホッとする味付け。生もとのどぶの熱めのお燗ともぴったり合います。



ガトーショコラのシルエットがどう見ても猫で、どこから箸をつけるか暫し悩む。ま、食べ始めてしまったらとまらないんだけど、だからこそ一口目に手を伸ばすまでがマゴマゴしちゃう(*´ω`*)

そういえば写真に撮り忘れてしまったけど、先だっておーどぶるハウスさんのワインセラーが故障してしまい、新しく大容量のセラーが導入されてました!まだ見ていない人はチェックしにいくべきかと思います。大きくて、本当に立派なセラー!
author:たおち, category:日本酒(その他), 23:31
comments(0), trackbacks(0)
好奇心


今日は行きも帰りも通勤時間帯にちょうど雨が降り出すし、前日比は何度かと確かめたくなるくらい肌寒いし、なんて日だツ!癖毛もクルクルでどこか入店する気も萎えてしまったから、久しぶりに家で蒸し燗酒をあおっちゃったぞ!!(*´-`)ノ∀



百十郎の一升瓶を買ったのは初めてだったので知らなかったのですが、キャップの開けやすさにビックリ!指が差し込めるようになっていて、これならネイルしてても抜栓に困らない?!アルミを張ってないから冷蔵庫に瓶を寝かせて保存できるし、もっと普及すれば良いのな〜。

蒸し燗酒にすると口当たりが滑らかに仕上がって好みなんだけど、いまいち温度帯の見極めがなぁ。百十郎も蒸し燗上がりしそうと踏んで試したけど、つい習慣で高くつけてしまって後味の苦味が多くなっちゃった。まだまだ課題多し_φ(・_・)

二種類目は睡龍の涼。高温で湯せんにかけたときに比べて、蒸し燗だと焦げ臭が控えめになるのがメリットかな?でも、もともと「涼」は湯せんでサクッと上げたときの飲みやすさが魅力だと思ってるので、本来なら蒸し燗を試す必要もなかったのかもしれない(笑)

でも、こういう好奇心を満たす飲み方もまた楽しい!!
author:たおち, category:日本酒(その他), 23:41
comments(0), trackbacks(0)
斉藤ぶどう園で初夏のBBQ祭り


一年ぶりにお伺いしました、千葉県横芝の齋藤ぶどう園。去年に比べて暖かい日が少ないらしく、樹木の成長は少しゆっくりめということでしたが、しっかり新しい芽は伸び始めていて♪おかげで、ぼちぼち芽がき作業も始まってきたということでした。



畑の横には優秀な除草部隊である鳥さんたちの姿が。でも、盛夏にはこの子たちでも追いつかないくらい雑草が生い茂るそうで、そうすると葡萄棚に引っかからないように除草機を取り回さなくてはいけないので大変そう(´〜`;)



タンクのしまってある倉庫はひんやりと涼しくて、収穫時にはこのタンクが魅力的な赤い液体で満たされるのかと思うとワクワク。手動式圧搾機は相変わらず現役バリバリということだったので、きっと今年も大活躍してくれることでしょう♪♪♪



ぶどう園の見学を終えた一行が次に取り掛かるのはバーベキューの準備!今日の参加者には飲食店のオーナー&スタッフが何名もいらしたので厨房はお任せして、そのかわり私は女だてらに炭火起し担当。ライターやチャッカマンが無かったのでガスバーナーで種火を起す姿に関心されたのは嬉しかったけど、女子力にアピールの仕方としては違っていた気がする。



バーベキューを盛り上げるお酒たちは、もちろん斎藤ぶどう園のワイン!に加えて、マグナムボトルの各種ワインに、燗どうこの横にそびえ立つ日本酒たち(笑)生もとのどぶは事前のリクエストにより2升体制&ウィルキンソンも用意してどぶソーダも作成可能!!



熱々の鉄板で仕上げられた料理は、斎藤ぶどう園の雅子さんが「千葉の素晴らしい食材を味わってください!!」ということで、ダイヤモンドポークの丸焼きにキンメのアクアパッツァ、はまぐりの酒焼きに牧場仕立てのソフトクリームと豪華盛りだくさん。

あまりの「これは食べきれないのでは?」という気配が流れ、お肉の塊の一部は切り分けられて参加者のお土産になりましたとさ。大人が30人弱もいて食べきれないって、どれだけ張り切って用意してくださったのか感謝するばかり。

来年のゴールデンウィークはもちろん、できれば秋の新酒お披露目兼頒布会にもお邪魔したいなぁ。
author:たおち, category:日本酒(その他), 23:19
comments(0), trackbacks(0)