RSS | ATOM | SEARCH
レバーの焼き加減が神がかってる@神田ホルモン「鶴田」


本日ポンコツ君につき、定時で会社を飛び出して神田のもつ焼き屋さん「鶴田」へ突撃。ふふ、入店時に女性のお一人様はちょっと驚かれたけど、カウンター席でシャリキンレモンサワー&トロトロもつ煮込みに幸せな顔を見せつけてやるのさ(´▽`)

どうしてこのお店を選んだかと言うと、錦糸町で一番美味しいと思ってるやきとん屋さん「楓」から独立されたと知って訪れたからであります。流石、レバーの焼き具合がグンバツ…ッ!



焼き場の前は暑い&熱いので、シャリキン追加で梅割りですよ。頭を使った日の酒と肴は美味いなぁ!!(自画自賛)

スタッフさんに外国の方が多めなのは気になる方は気になるかもだけど、皆さんイケメンかつソフトマッチョ(胸筋強め)なので、好みの人には目の保養スポットなんじゃ…?



地酒もあるようなのでスタッフさんに尋ねたら、日替わりのメニュー表を貰えました。実家の母ちゃんを思って秋田 雪の茅舎をお願いしたら口開けだったらしく香り高い。お口でお出迎えが必要なほど並々注いでもらって580円はお得感もある。

締めを何にするか悩んで、レバ串をおかわりしようとしたところ「それならネギまみれもありますよ」とスタッフさんにお勧めしてもらったので、その通り注文。ベースはあの上質なレバ串なれど、刻みネギにゴマ油のアクセントが加わって、これまた美味しい。貧血対策はバッチリどころか、血の気が増しそう(笑)

JUGEMテーマ:日本酒

author:たおち, category:日本酒(レポ), 23:38
comments(0), trackbacks(0)
蒸し燗酒用パスタ鍋


年末に買ったワイン、のだやの店長に勧められるままに買ったけど、良く見たら元旦に大塚のriddleでいただいたのと同じ醸造所だった♪たぶん品種とかは違うのだろうけど、前回も今回もベリー系の香りが好みで、良いご縁(酒縁?)が続いてくれて嬉しい。



さて、去年から悩み抜いた末に、買っちゃいましたパスタ鍋。一合徳利なら余裕の高さ♪二合徳利だと、デザインによっては頭が飛び出ちゃうかも。蓋は付属のガラス製から木製落し蓋に替えて機密性アップ!

蒸気の満ち具合も十分で、ツルリとした滑らかな口当たりのお燗に仕上がります。お鍋と蓋とで設備費3千円くらいなので「わざわざセイロを買って底を抜くのは…」と躊躇している方にはオススメ(^O^)

ちなみにコード付き温度計も千円くらいで買えます。
author:たおち, category:日本酒(その他), 23:11
comments(0), trackbacks(0)
記念日訪問@万事快調


ちょうど一年前、一月の第二土曜日にお邪魔したこちらの万事快調で、ちょっと思い出深い出来事があったのでした。今夜はそれを記念しての訪問。マスターがビールを注ぐ姿を間近で見えるカウンター席に、これもまた一年前と同じようにご案内いただき、愛知のYマーケット トロピカルブランで乾杯♪

淡い色合いに似つかわしい軽やかな香りで、乾いてた喉が気持ちよく潤う!ビールにはやっぱり揚げものよねと、ユリ根のフライとの相性もばっちり。



一年前の記憶を呼び覚まして「次回来たときも絶対に注文しよう」と思っていたメニューその1が、燻製の盛合せ。前回は確かマグロが燻製になっていることに驚いたけど、今回はサザエが燻された物が出されて、心していたのにやっぱりビックリ。注文して良かった。日本酒に移行して、合わせるお酒は愛知つながりで長珍へ〜。



さっきいただいたヌタのマグロが甘くて美味しかったので、食べる順番としては前後しちゃうけど刺し盛りを注文。フグの煮こごりは、そのままでプリプリこりこしした食感を楽しむのも良いけど、お燗でじゅわっと溶けていく感覚もたまらないよね。



そしてこちらにお伺いしたら頼まずにはいられないメニューその2、生エイヒレのから揚げ。思い出のとおり、ふわふわの肉厚。「これさえあれば何杯でも飲めちゃいそうッ」と言いたいんだけど、いかんせん生酒ばかりなので、惜しくも体力が続かなかった…。

立石の丸忠でオープンラストを過ごして、自分を過信していたかな?トコトン飲むつもりが二軒目に寄る余力もなく、するっと帰宅しちゃった(>_<)
author:たおち, category:日本酒(その他), 23:00
comments(0), trackbacks(0)