RSS | ATOM | SEARCH
好日


本日の東京都は突き刺すような日差しのなか、最高気温は37度を超えたうえ、終業時刻間際になって通り雨で湿度MAXを迎えるサイテーの天候でしたが…。

そんな天候だったからか、商店街でお値打ちに鯛のアラと白茄子が買えて、それぞれの煮付けが上手く出来たので最終的に今日は好日だったかな。



余談だけど、今更ながら漫画カメラ楽しい。穏やかな好日が一気に非日常になった(笑)

author:たおち, category:日本酒(その他), 23:29
comments(0), trackbacks(0)
第2回赤羽昼酒ツアー&板橋花火大会


毎年恒例にしたい、板橋花火大会前の赤羽昼酒ツアー。今年は新装開店したばかりのまるよしからスタート!壁にかかるメニューも、まだ白くまぶしいくらい。しかし、景気よく乾杯したものの、ちっとも料理が来ない…。



悪い予感は的中で、ファーストオーダー飛ばされて、後から注文したもつ焼きの方が先に出てきた。オーダー票を確認してもらうと、料金はしっかり乗せてあったので、そのあとすぐに調理してもらえました。名物というキャベ玉にはちょっと日本酒が振りかけられているのかな??塩胡椒だけじょなくて、独特の香りがする〜。



二軒目のいこいは携帯使用禁止なので、お楽しみの様子は撮影できず(´∀`=)ここでもモツ煮とモツ焼きを注文。今日はホルモンまみれになると決めていたのだ。



三軒目に今日一番来たかったのんきへ!時刻は16時を回ったばかりというのにほぼ満席で、滑り込みセーフだった模様。じゃがいも入りのもつ煮は聞いてた前評判以上に美味しくて素晴らしい。シロの肉厚が薄めというか滑らかで、臭みは全くないのにコク深くて、これまで頂いてきたもつ煮のなかで一番好きだと言いきれるクオリティ!



ゆで刺しは三点盛りにして、レバ、ハツ、タン。本当はシロをお願いしていたんだけど、仕込みの関係で30分くらいお待たせしまいそうだからということで断熱…。普段だったら30分なんて時間、喜んで待つところだけど、一応この後に花火大会の席を予約していたので(>_<)

なお、メニュー上「ゆで刺し」と表記されていても、表面がさっと湯通しされている程度で、どれもプリプリとして食感が味わえて、こちらもたまらない仕上がりです。レバーは胡麻油塩、ハツはポン酢、タンはにんにく醤油と合わせるのが個人的にオススメ。

そしてシロは串焼きにしても美味しかった。串焼きで繊細な口当たりって表現をかつてしたことがない。レバーも中までしっかり火が入りつつ、ちっともボソボソ感がなくて食材の良さと焼きの腕を感じさせてくれる!最後はハツモトで締めて心残りなし!!否、やっぱりシロのゆで刺しと、秘伝のタレを纏わせたというピーマンの肉詰めも次回訪問の際は食べたい(笑)



お腹と胸をいっぱいにしたところで、大混雑の電車を乗り継いで板橋花火大会の会場へ。流石は有料観覧席を予約しただけあって、ナイアガラまでバッチリ観賞。今年はスポンサーにポケットモンスターがついていたらしく、アニメの初代オープニングテーマと一緒にモンスターボール柄の大玉が打ちあがって、会場は大盛り上がり。おそらくピカチュウと思われる花火もあったんだけど、お世辞で言ってメタモンが化けたときの間抜け顔な仕上がりで…。それはそれでまた会場も盛り上がったんだけど。

二年連続でツアーを組んで、毎回これだけ違った楽しみがあるのだから、これはまた来年も開催決定かな!
author:たおち, category:日本酒(レポ), 23:48
comments(0), trackbacks(0)
モデルチェンジ


オススメを受けて買った鯉川ブラック、口当たりは辛口なんだけど後味の苦味がだいぶ強め。味のりしそうだから、今少し常温放置してみよう…という結論を出すまでに既に2合!お燗のつけ方でどうにかならないかと頑張りすぎちゃった(笑)



かわりに手を伸ばした睡龍 涼の24BYを空けてしまったので、次のボトルを抜栓。「このBYはいくつかな♪」とラベルを見たら、これまた24BY。確かに24BYしか買った記憶はないけれど、2ヶ月の瓶詰め差でデザインがかなり変わっていませんか??!(ノv`*)
author:たおち, category:日本酒(その他), 23:52
comments(0), trackbacks(0)