RSS | ATOM | SEARCH
ラム肉へかぶりつけ@神田ビストロひつじや


ビール党の友達に突発で誘われて、仕事終わりに神田のビストロひつじやさんへ初訪問。 まずは、かつて「ラム肉のたたき」と出されていたらしい一番人気の「薄切り肉のステーキ」から。なるほど、肉の甘みと柔らかさを残す極限に仕上がっていて、メニューに輝くおすすめマークにも納得。

マトン・アサドはホクホクじゃが芋の上とマトンキーマで重量級。バーガー1個食べたような満足感。



店内はスパイシーな香りで充満、照明もトルコランプが輝いてエキゾチック満点。そんななかで頬張るラムチョップはゴリッと軟骨を含むくらいに大振りに仕上がって、噛みちぎる度に脂がシャツへ飛ぶよね。

今夜一番のお気に入りはチュニジア餃子で、割るとなかの玉子と挽き肉が解け出てくるの。お皿に広がった黄身は、おってテーブルに並んだ羊脳のガーリックソテーに絡めればなお美味しい。



ビストロひつじやさんの凄いところはアルコールがすごく安くて、ハートランドのジョッキ380円は神田でも相当でしょう?!外国の灼熱エリアのさっぱり系ビアも多いし、これからの季節に重宝だわ♪



そういえば、もしかしたら食後にデザートとコーヒーのサービスがあったかもしれないけど、近くで飲んでる他の友人らと合流したくてソソクサ退店したら、何故かお釣りと一緒にトーストしたてのバターロールをお土産にくれたあたりがエキゾチック感を増してツボでした。明日の朝食に困らないね♪
author:たおち, category:日本酒(その他), 23:25
comments(0), trackbacks(0)
Comment









Trackback
url: http://blog.taoti.net/trackback/1034