RSS | ATOM | SEARCH
老舗はまだ身の丈にあわず…?@地酒あさま


どうもこのところ胃の痛みが取れないのですが…。誘われたので行ってきてしまいました!日本酒の聖地は四谷三丁目にある地酒あさまさん。昨年の信州長野大まつりで寄って以来、正式に訪れたのは初めてです。

四谷三丁目のなかでも老舗のあさまさんは、十四代・磯自慢・飛露喜等を以前から扱っていらっしゃるのがご自慢とのこと。乾杯に東一をお願いしたところ『舌が分からなくならないうちに、飲んでおきなさいな』と十四代を熱烈にプッシュされました。

それなればと、お酒は全てお任せにして、前述の三種類を全て味わうと『巷で自慢できるよ』と太鼓判をいただき、ありがたいところです。



また、日本酒好きと知ると積極的にお話くださって、『よそで日本酒を注文するときは「口開け直後のお酒はありますか」と聞くと、一番美味しいのを味わえるよ』とのことで、なるほど。お勉強になりました。

それなのに、ぶしつけに「お燗で何かありますか」と尋ねたところ『そのように聞かれてお出しできるお酒はウチではないんですよね』と前置きされた上で、店長は黒龍の九頭竜をお出しくださって、なんとも申し訳ない気持ちになりました。

恥ずかしながら、ここ最近は色んなお店に足を運ぶようにして、多様な日本酒の楽しみ方を覚えはじめられてきたところかしら?なんて思っていましたが、やはり老舗で過ごすにはまだまだのようでした。

JUGEMテーマ:日本酒
author:たおち, category:日本酒(レポ), 23:40
comments(4), trackbacks(0)
Comment
はじめまして。
すごく笑わせていただきました!
こんなひどい店があるんですね!
全日本酒プロレス, 2013/09/22 3:39 AM
こんにちは、コメントをありがとうございます。
ブログの記事にコメントがつくという概念がすっかり抜けてしまっているため、お返事がおそくなってしまいまして、申し訳ありません。

店主さんには店主さんなりのモットーがあって、すべて善意でご解説いただいているということが伝わってくる接客でした。

私にも、これまで色んな方とお会いしながら日本酒をいただくなかで育ってきた日本酒の考え方が少なからずありますので、店長が語るお考えとずれる部分もありましたが、それを一概に良い悪いと断じることはできないかなとも思っています。

とはいえ、せっかく友人と訪れているのだから、気持ちよく飲ませていただきたかったという思いもあり、ちょっと拗ねたブログ記事となってしまいました。
たおち, 2013/10/22 9:28 AM
只今、総力をあげ、あさま改造計画を進行しております。

調教師, 2013/12/02 11:48 AM
コメントをありがとうございます。
あさま様の改造計画…??

不精なもので、先日来お伺いできておりませんが、新しい注力蔵などをお定めになられたのでしょうか(^^)
たおち, 2013/12/03 12:46 PM









Trackback
url: http://blog.taoti.net/trackback/246