RSS | ATOM | SEARCH
正月日本酒はしご酒@吉祥寺編


吉祥寺は人が多いですね…。友達との約束の時間まで初売りに寄ろうと思ったけど、レディスフロアの殺伐とした空気に10分で降参して、吉祥寺 もとのお正月特別営業へお邪魔することに(´Д` )



家で御節をテキトーにしか作らなかったから、お店で酒肴セットでいただけるのはありがたい!おめでたしさを醸し出したく、栄光富士をお願いしたところ、奥で同蔵の鑑評会出品酒が出ていて、ラベルの豪華さが明らかに違っていて笑っちゃった(笑)

あんまり飲みすぎると友人との新年会に差し障るので、上喜元 熟成古酒でひとまず締め。お会計をしていると隣の席の会話が聞こえてきて、挙げられている店名から「もしかしたらこの後、どこかの店でまたはち合わせるかもしれないなぁ」と思ったりしつつ退店。



一次会は初訪問のお店、ワインと日本酒の大槻へ。こちらではワインでカンパーイ!四恩さんは素直なテイストで、新年にいただくのにふさわしい♪(*^^)o∀*∀o(^^*)♪



四恩さんと金井さんに続いて「共栄堂さんとタカヒコさんお願いします」と、なんだかワインを注文してると言うより、指名してるいるような気分に。そんな馬鹿な事を考えていたら、グラタンの上の熱々チーズであわや火傷をしかけたり。



お正月だのに何故だかパクチー料理が充実していて、パクチーポテトに水餃子をご馳走になりました。青果市場も閉まっていると思うのだけど、もしや地植えでもされていらっしゃるのかしら?黒酢垂れと肉汁がよく馴染んで、天穏のお燗と一緒にいただくとほっこり〜。



しかし、店をお暇した瞬間にほっこりした気持ちが萎んでしまう、17時からの二軒目難民。FIJI STOREもにほん酒やさんも満席!!皆、お正月から活動的過ぎだよ…。ほうぼう訪ねて、ホテル、もといホ弖ルに滑り込めたのは奇跡的でした。竹鶴の酸味がひとしお。



せっかくこの字型カウンターに座れたので、大衆的雰囲気をもっと感じたく、おでんと煮込みを注文。でも、普通の大衆酒場に睡龍の涼は置いてないかな。



締めに短冊とろろとお蕎麦を頼んだので、玉櫻のとろとろ濁りを合わせて、どこまでもトロトロ気分へ浸ることに。どうせお外へ出たら寒いのだから。お正月休みもあと1日で終わって、明後日からはガチガチのオフィスワークが始まるのだから。好きなお店ですごす間は、まどろませてもらうのだー。

JUGEMテーマ:日本酒

author:たおち, category:日本酒(レポ), 23:59
comments(0), trackbacks(0)
Comment









Trackback
url: http://blog.taoti.net/trackback/865