RSS | ATOM | SEARCH
角打ち初め


今年初の角打ち〜。冷蔵庫に美味しそうなラベルのお酒を見つけて、なるほど福千歳のお酒なんだ。折角だから肴に蟹を合わせたかったけど、缶詰が充実している鈴木酒販店でもカニ缶は見つからず、残念(笑)

かわりに鱈の味噌焼きをお願いしたら、山形正宗のラベルの白さと相まって、なんと画面が白いこと。「まるで雪原のよう!」なんて冗談を言ったけど、この寒波で本当に降りだしかねないから不謹慎だったかな。



鱈の味噌焼きと並んで売っていた鯖のへしこ漬けも追加注文。「これ一切れで2合くらい軽く持ってっちゃいますよ?」と脅かされたけど、確かにこれはお酒泥棒だ。(笑)

でも、お一人様二合までのルールをちゃんと守って、これにてご馳走様でした。しかしあの味で2点とも二百円台なのでクオリティとコスパ凄いなぁ。した。鱈の味噌焼きは火器は使えないけど燗どうこはある持ち寄り会とかに持参したら、温かい肴で喜ばれそう。
author:たおち, category:日本酒(その他), 23:40
comments(0), trackbacks(0)
Comment









Trackback
url: http://blog.taoti.net/trackback/871