RSS | ATOM | SEARCH
扶桑鶴の会@リカーズのだや


島根県から大畑専務をお招きした「扶桑鶴」の会に参加してきました。11月になって急に上陸した寒気団なんて何のその!精鋭の6銘柄を前に会場は熱気でムンムン(一部、燗どうこの蒸気もふくまれている?)



持ち寄り品は何にするか悩んだ末に、定番のひとくち燻製ポテサラを用意。今回は焼きおにぎりを持参された方もいらして、勘違いした常連さんから「まさか家の火鉢で焼いてきたの!?」と突っ込まれるハプニングが生じたり。作り方を聞いたところ、グリルでも美味しく焼けるんですねぇ(´▽`)



大畑専務から真面目に酒米や酒質の説明を受けながら、その隣でP箱上に設置された鍋でコトコトと調理が進んでいく様子がすごくシュールでした。まさかの秋刀魚御飯が炊かれてました。



これがまた締めに最高で、用意されたお酒も全て綺麗に空っぽ。燻製ポテサラのほかに「濁り酒があったら合わせられると良いな」と思って用意してきた鶏肉のグリーンカレー炒めは、あいにく濁り酒の出動はなかったものの、こちらも美味しいと評してもらったので有難いかぎり。近頃は以前にもましてお燗とスパイスの組み合わせにはまっていく〜。
author:たおち, category:日本酒(その他), 23:56
comments(0), trackbacks(0)
Comment









Trackback
url: http://blog.taoti.net/trackback/977