RSS | ATOM | SEARCH
Bricca転職祝い


転職した友人(忍ちゃん)の活躍ぶりを肉眼で拝すべく、三軒茶屋のBriccaさんへ!確か2年くらい前に一度お伺いしたことがあったはずなのに、すっかり道を忘れていて、お店の前を通り過ぎる始末。忍ちゃんに見られてなくて良かった…。

料理は予めコースをお願いして、ワインも食事のペースに合わせてその場で銘柄を選んでいただくスタイルで。するとまぁ、のっけから鮪のハムやら里芋と鯖のパテやら、食欲のそそる品々がどんどん!!!



水蛸を一度冷凍&解凍して繊維を壊してあるというコンフィは、解説のとおりプリプリしつつ柔らかくほぐれて、ソースとの馴染みも良好♪忍ちゃんが以前まで働いていたのがお寿司屋さんのせいか、蛸料理が桜煮じゃないというのがちょっと不思議な感じ(笑)

初めて名前を聞いたフリコと呼ばれる一品。マッシュポテトにチーズを加えたものをセルフィーユと一緒にソテーしたのだというのですが、その小麦色の肌の正体は削ったパルミジャーのチーズとトリュフの衣ということで半端じゃなく香りがよろしい。惚れました。冷めないうちに食べなくちゃとは思いつつ、何度か香りを嗅いではワインをいただいくのを繰り返してしまったり…。



名前を失念してしまったけれど、手のひらのデザインが印象的だった白ワインは、控えめに言ってロゼか、否やっぱり赤ワインと見間違う色合い。香りもラベンダーの印象を含んたスパーシーさで、こちらもグラス口に鼻を近づけてずっとクンクン香りを堪能しちゃいました。



赤牛のステーキを平らげたところで予約していたコースの料理は終わりだったものの、訪れたメンバー全員が「もっと色んなワインを教えて欲しい」という意見で一致して、追加でチーズをいただき試合続行。忍ちゃんも「さっき出したのはあれだからぁ…」と、セラーの中をガサゴソ。



おかげでデザートを食べ終える頃には終電間際/(^o^)\

「これだけ飲んだら、酔いもさぞかし回っているだろう」と思いながら席を立ったら、意外と平気。たぶん、一度にこんなにもたくさんの種類のワインを、しかも解説付で意識しながら飲むことなんて滅多にないから、興奮して意識が冴え冴えとしていたのかも。

帰宅してから寝付けるか心配。

author:たおち, category:日本酒(レポ), 23:34
comments(0), trackbacks(0)
Comment









Trackback
url: http://blog.taoti.net/trackback/990